セミナー概要

不正競争防止法上の「営業秘密」について、営業秘密として守られるためにはどのような条件が必要か、営業秘密について秘密保持契約を結ぶ場合と不正競争防止法で保護される場合とではどこが違うのか、退職後の秘密保持義務、営業秘密が侵害された場合の対処法について述べてみたいと思います。
また、退職前、退職後の従業員の競業行為、社員の引き抜きについて、どのような場合が許され、どのような場合が許されないのかについても、触れてみたいと思います。

講師紹介

代表・弁護士 森田 茂夫(埼玉弁護士会所属)

■経歴
昭和29年 4月 東京都生まれ
昭和55年 3月 早稲田大学法学部卒業
昭和59年 3月 最高裁判所司法研修所(奈良地方裁判所配属)修了
昭和59年 4月 弁護士登録

■役職
さいたま地方法務局筆界調査委員
大宮簡易裁判所調停委員

■著書、論文
「誰にも分かる借地借家の手引き」(共著、新日本法規出版)、「決定版原状回復・その考え方とトラブル対処法」(著者、にじゅういち出版)、「一般定期借地権実用契約書式集」(著者代表、資産総合研究所)、「マンションの専有部分の競売請求」(月間不動産フォーラム21・2009年6月号)、「立退料の算定方法と授受をめぐる法務と税務」(税理第52号第7号)、その他

■企業法務分野に関して一言
1984年に弁護士になってから、30年以上弁護士として弁護士として活動してきました。
企業法務に関しては、県内の大企業のほか、多くの中小企業の相談にものっており、顧問会社からはもちろんのこと、当事務所が主催するSネット(税理士など士業の方が会員)、アネットクラブ(宅地建物取引業の方が会員)からも多くの相談が寄せられ、契約書・合意書のチェックなども毎日のように行っています。

企業法務といっても、労働問題、知的財産権、債権回収、不動産関係、消費者とのトラブル、企業倒産(取引先が倒産した場合も含めて)など様々ですが、これらについても一通りの経験を有しています。

企業を経営していると様々な問題に直面しますが、法律に関する問題はぜひご相談ください。親切で分かりやすい対応、スピーディーな対応をモットーにしています。

開催日時:令和4年7月26日(火)午後2時00分から2時40分まで(40分)
参加方法:ZOOM
申込期日:令和4年7月21日(木)