2022年3月24日に行われたZoomによるオンラインセミナーです。
講師はグリーンリーフ法律事務所の弁護士 相川一ゑです。

平成16年に成立した公益通報者保護法は、令和2年に改正法が成立し、本年6月1日から施行されることとなりました。
この度、取り上げるのは、公益通報者保護法に定める制度の概要及び今回の改正法による変更点となります。
今回の改正は、事業者に対して内部通報に対応するための体制整備などについて義務付けをしており、行政措置などのみならず、情報の守秘義務及び違反した場合の刑事罰などの導入があり、通報の主体や保護要件などの緩和といった様々な制度変更をもたらすものです。
企業の不祥事の発見は、そのユーザーたる消費者の利益や被害拡大防止のためになされるべきものですが、企業自身にとっても通報に適切に対応し、リスクを早期に把握できることは企業価値及び社会的信用を向上させるものといえます。
本セミナーでは、短い時間ではありますが、公益通報制度の概要及び改正法に夜変更点についてご説明するものです。法の施行日である令和4年5月末までに対応できるよう、新しい「公益通報者保護法」について是非知っておいていただきたいと思います。

YouTubeにてこのオンラインセミナーの動画が閲覧可能です

無料メールマガジンに登録していただくことで、YouTubeにてこのオンラインセミナーの動画の閲覧が可能となります。
無料メールマガジンへの登録は、下記の「無料メールマガジン登録フォーム」よりお申し込みください。

無料メールマガジン登録フォーム