埼玉の弁護士による労働問題(会社側)の法律相談

従業員の数が多くても少なくても、また、経営者が従業員の待遇に気を使っている企業であっても、
労働問題が起きる可能性はあります。
解雇、残業代請求、パワハラ・セクハラなど、様々な種類の労働問題がありますが、
一度労働問題が発生すると、経営者はその対応に追われ、本業の大きな妨げになってしまいます。

日本の労働法は、一般に経営者が考える以上に、労働者を守るということが重視されており、
労働問題が発生すると、経営者側が厳しい立場に立たされることがよくあります。

適切な対応をしなかったために労働問題が深刻化し、会社が大きな損害を被ることもあります。
労働者側からの要求を無視し続けたり、軽率な対応をしたりするべきではありません。
時には、不本意ではあっても、従業員と和解をし、会社の損害を最小限に食い止める必要がある場合もあります。

労働問題が発生した場合、どのような対応をすべきか、弁護士にご相談されることをお勧めします。
弁護士は労働法や同様のケースの判例を参照しながら、経営者(会社)を守るためのアドバイスを行ないます。

グリーンリーフ法律事務所では労働問題(会社側)の専門サイトをご用意しています。
詳しくは下記のボタンをクリックしてください。
埼玉の弁護士による労働問題(会社側)の法律相談

労働問題のコンテンツ一覧

労働問題トップ
解雇
残業代問題
労働組合対策・団体交渉
労働審判
労働訴訟