「会社経営お役立ち情報」の記事一覧

セクハラ被害者からの慰謝料請求、会社が支払うべき慰謝料の金額はいくらが妥当か?

会社経営お役立ち情報

弁護士 田中智美 職場でセクハラ被害に遭ったとして被害者から慰謝料請求を受けた場合、大半のケースでは、加害者だけでなく会社も支払義務を負うことになります。このコラムでは、会社が支払うべき慰謝料の金額につき、近時の裁判例も […]

従業員から労働審判が申し立てられた場合、答弁書はどのように作成すべきか

会社経営お役立ち情報

弁護士 吉田竜二 従業員との間で労働紛争が生じ、その後の話し合いで妥決点が見出せない場合、従業員が裁判所に対して労働審判手続の申立てをすることがあります。 労働審判手続が申し立てられた場合、会社側は自身の言い分を答弁書と […]

メンタルヘルス従業員に対する会社の法律上の義務 =ストレスチェック制度が義務化されています=

会社経営お役立ち情報

弁護士 小野塚直毅 メンタルヘルス従業員に対する対応として、平成27年12月以降、50人以上の労働者がいる企業(事業所)を対象に、ストレスチェック制度の実施が義務づけられました。この義務に違反すると罰則の規定もあります。 […]

下請法の違反 弁護士が説明する親事業者による納期の後ろ倒し(納期の延長)

会社経営お役立ち情報

弁護士 森田茂夫 親事業者による納期の後ろ倒し(納期の延長)は下請法に反するのか、具体的に下請法のどの規定に反するのか、納期の後ろ倒しを要請された下請事業者はどう対処すればよいか、親事業者が、下請事業者の理解を得て納期の […]

ページの先頭へ

  • お問い合わせ
電話で相談予約 メールで相談予約
  • お問い合わせ
電話で相談予約 メールで相談予約